超絶怒涛のプログラム

〒990-0828 
山形県山形市双葉町1-2-3

普段の生活では、学校や家庭など、交流する機会や場所が限られています。
今回は自分の生活圏の枠を超えて、様々な立場の人と積極的にコミュニケーション!
やまがたには、伝統的な祭や特色のあるイベント、地域同士の繋がり、美味しい食べ物、歴史的街並みなどの独特な文化がたくさんあります。
これらが持つヤマガタの魅力を学び、まちの未来を考えちゃおうよ!!

1991年東京大学大学院博士課程退学後、東京大学先端科学技術センター助手、東北芸術工科大学助教授を経て、現在東北芸術工科大学企画構想学科教授(工学博士)。 ICTが推し進める新しい地域社会の形を研究している。特にICTによる働き方であるテレワークが及ぼす地域社会・地方社会のあり方やテレワークによるフリーランス社会の姿を、コワーキングスペースやふるさとテレワークをベースに研究している。 近著に「テレワークで働き方が変わる! テレワーク白書2016」一般社団法人日本テレワーク協会編 インプレスR&Dがある。 現在、日本テレワーク学会会長、東北都市学会会長、山形県デジタルコンテンツ利用推進協議会副会長、テレワーク月間実行委員長などを務める。

Load More
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.

募集要項

主 催 公益社団法人山形青年会議所
共催・後援 (共催)山形市観光協会・(後援)山形市教育委員会
方針

人を育てる

普段の生活では、学校や家庭等、交流する機会や場所が限られています。
自分の生活圏の枠を超えて、様々な立場の人と行動を共にしながら積極的にコミュニケーションを図ることができる人財を育成します。

やまがたを考える

やまがたには、伝統的な祭や特色のあるイベント、地域同士の繋がり、美味しい食べ物、歴史的街並み等の独特な文化がたくさんあります。
これらがもつ魅力を学び、まちの未来を考えてもらいます。

継続する運動

参加者が事業に参加して終わりではなく、これからも継続して主体的に取り組んでもらえるよう「考え方」や「方法」を学びます。
また、参加者が興味をもたない人たちを誘って次の行動を起こす「運動」のきっかけをつくります。
参加対象者 山形市内の中学校又は高校に通う学生で、全日程に参加する意志があること
定 員 約30名
募集期間 2017年5月1日(月)から2017年6月2日(金)
申込方法 参加の申込は以下より申込用紙をダウンロードして頂き必要事項を記入し、Eメール又はFAXで送付下さい。
費 用 無料(会場等までの交通費は参加者負担とします。)
連絡先 公益社団法人山形青年会議所
〒990-0042
山形市七日町2丁目1番3号 陶商ビル3階
電話 023-632-8665(平日11時から17時まで)
上記ボタンよりそれぞれ参加申込書を
ダウンロードしてお申し込みください。

事業に関するQ&A

山形青年会議所はなぜこの事業を行うのですか?
多くの山形市民の方々が山形市に住み続けたいという調査結果があります。まちづくりには、地域の課題と向き合いながら豊かな感性で未来を切り拓く次世代の力が必要です。
やまがたの未来を考えたとき、やまがたの魅力や課題を学びながら地域の将来を考え、協調性をもって誰とでも信頼関係を築くことができる若い世代の育成が必要だと思い、この事業を実施することになりました。
私は社会人ですが、この事業に参加できますか。
学生(特に中学生や高校生)は、やまがたの魅力や未来について考える機会が少なく、大人と比べてまちづくりに対する関心が薄いのではないかと考えています。
このような方々が、まちづくりに興味をもち、誰とでもコミュニケーションを図りながら信頼関係を築いてもらうため、参加者を限定しました。
なお、公益社団法人山形青年会議所は、これからも社会人や学生を含めた山形市民の皆様に対して様々な事業を展開して参ります。
まだ先の予定であり、全6回の事業に出席できるかわかりません。
先の予定がわからないということもあるため、参加対象者の要件の1つを「全日程に参加する意志があること」としています。
この事業は「様々な方々とコミュニケーションをとってもらう」ことを目的の1つとしています。応募することは可能ですが、原則、全ての日程に参加していただくため、できる限り予定の調整をお願いいたします。
「やまがたのまちづくり」という言葉がありますが、講師は地元の方ではないのですか?
この事業は「やまがたのまちづくり」を考えながら、「未来のやまがたのまちづくりの主役である若い世代を育成していく」事業です。
講師は東北芸術工科大学の教授をされており、やまがたの若い世代の育成とまちづくりに情熱を持って取り組んでいらっしゃる方です。
「動画作成」とは具体的に何をするのですか?
1グループ6名で3分のやまがたの魅力を発信する動画を作成します。
また、完成した動画は公益社団法人山形青年会議所のHPをはじめ、色々な方法で発信する予定です。
募集期間終了後も申込みは可能ですか?
定員数を下回っている場合は、随時申込みが可能です。
なお、募集期間終了後の申込状況については、Eメールにてお問い合わせください。
5月20日に開催される事業説明会に保護者は参加できますか?
保護者の皆様の参加も可能です。お席に限りはありますが、貴重な機会となっていますので、是非ご参加ください。
自家用車で会場に向かう場合、駐車場は準備されていますか?
山形青年会議所では駐車場を準備していません。大変申し訳ありませんが、駐車料金の負担も含めて各自対応をお願いします。
なお、5月20日に開催する事業説明会の会場は山形テルサですが、「山形駅西花笠パーキング」が公共工事のため、駐車スペースに限りがあります。公共交通機関をご利用くださるなど、ご協力をお願いします。

ページトップへ